最近の投稿

失敗しないカミソリ処理の仕方

観葉植物02カミソリ処理の方法で忘れてはならないのが刃の向きです。毛の流れに沿って行うと皮膚ばかりが削れてしまい、肝心のムダ毛を処理することができません。毛の流れに逆らって剃ることでムダ毛が起きますので、きれいに剃り残しなく処理を行うことができます。
ただし、どうしても剃るという行為は角質まで削り取ってしまって皮膚を傷めてしまうリスクがありますので、力を入れずに処理することも重要です。そっと刃を押しあててゆっくりと慎重に傷をつけないように剃っていきます。多少角質が取り除かれても肌の新陳代謝が高まるだけですので問題ありませんが、深く削り取ってしまうとバリア機能が弱くなって通常の生活でも肌トラブルを起こしやすくなります。
リスクを回避する方法として、力を入れ過ぎないということの他にも、シェービングクリームを使用することが有効です。シェービングクリームを使うと肌との摩擦が少なくなり、皮膚への負担が減ります。負担を減らすことで短期間のうちに繰り返し処理を行っても問題が起こらなくなりますので、ちょっとした手間ですが覚えておくと便利です。
カミソリ処理はとっても手軽な処理方法で便利なのですが、皮膚を傷めないように細心の注意を払わなければなりません。

Comments are closed.