最近の投稿

ムダ毛が生える仕組み

毛球部と呼ばれる部分には毛乳頭と毛母細胞があります。ムダ毛を引き抜くと白っぽい膨らみである毛乳頭がついてきますが、毛母細胞の活動は変わらず行われますのでただ単に抜いただけではムダ毛は再生してきます。光脱毛やレーザー脱毛ではこの毛母細胞の部分に影響を与え活動を弱らせますので、結果的にムダ毛の生えない状態を作り上げることができます。
永久効果を求めるなら毛母細胞の働きを停止させなければならないのですが、施術を受ける時には成長期にあたるムダ毛にしか照射を行うことができません。つまり、頻繁に通っても効果が高くなるわけではありませんので、毛周期を考えながらすすめていかなければならないということです。
毛周期には成長期と退行期、休止期があります。施術を受けてムダ毛が抜け落ちても、その後休止期にあったムダ毛が成長期に移行すると新たに生えてきます。その毛穴に対しては再び照射を行わなければなりませんので、この手の施術では複数回通う必要があります。
ムダ毛処理を行う時には、これらの仕組みを知っておくと便利です。永久効果を求める時には毛周期のことまで考えて、なるべく効率の良いタイミングで施術を受けていくことが大切です。

Comments are closed.