最近の投稿

乾燥が背中ニキビを引き起こす大きな原因

顔にできたニキビは状態も確かめやすく、毎日お手入れもできる事から比較的、治りが早いという方が多いようですが、背中ニキビとなると、なかなか治らいというケースは少なくありません。

背中ニキビはそのまま放置していると、色素沈着などのニキビ痕になりやすい為、できるだけ早めに対処する事がお勧めです。
背中にニキビができる原因は色々とありますが、その中の1つに挙げられるのが乾燥です。

例えば、海に行き紫外線をたっぷり浴びた事で、肌のキメが失われてしまい、乾燥しやすくなります。
皮膚は乾燥してしまうと、肌のターンオーバーの周期が遅くなり、それが要因となって毛穴の中に古い角質が溜まりやすくなるのです。
毛穴が塞がれた事で、皮脂や雑菌も溜まりやすくなり結果、背中にニキビができやすい状態となってしまいます。

顔のように、毎日お手入れを行う習慣の無い背中は、乾燥からニキビができやすいので注意しましょう。
背中ニキビを予防・改善するには、やはり保湿ケアが欠かせません。

顔はコットンで化粧水をつけられますが、背中の場合は難しいのでスプレータイプの化粧水がお勧めです。
スプレータイプであれば、手が届きにくい背中も1人でお手入れする事ができます。ゴルフ01

Comments are closed.