最近の投稿

育毛成分L-システインのまつ毛への効果

毛の成分の90%以上はケラチンです。
ケラチンはタンパク質なのですが、ケラチンが入っているものを食べてもそのまま毛に変化するわけではないです。
ケラチン生成をするには、一度体の中でアミノ酸に分解して再生成する必要がでてきます。
ケラチンを体内にいれても、上手く分解して再生成してくれないことには毛にはなってくれないです。
体の中で、ケラチンを生成するには、それを助けてくれるビタミン類を補わなければならないです。
ニンニクに含まれるビタミンB6はケラチンを作るのに必要なビタミンです。
ビタミンB6が不足するとケラチンを生成することが出来ないので、育毛がストップしてしまいます。
大豆には、タンパク質が多く含まれています。
最初に述べたとおり、ケラチンはタンパク質です。
大豆を摂ることは、ケラチンの生成に大きく繋がります。
大豆には、女性ホルモンに似た成分が入っています。
イソフラボンです。
女性ホルモンが多い人は、毛が抜けにくいです。
小麦胚芽には、ポリアミンが含まれています。
ポリアミンは、ケラチンを生成するのを促進してくれます。
タンパク質をアミノ酸へ分解するのなら、最初からアミノ酸を摂ることも有効です。
特に、目の疲れでL-システインというアミノ酸を使ってしまいます。
これを補ってやることで、毛が生えにくくなることを防げます。花瓶02

Comments are closed.