最近の投稿

肌の酸化に効く美容成分とは?

人間の体の細胞は、日々、活性酸素によるダメージによって錆びつき、つまり酸化しています。活性酸素は、紫外線や喫煙、またストレスとなどによって発生するとされています。これによる細胞の酸化が、老化や疾病の原因であるとも言われているため、これを防ぐことが美容や健康のためには重要なことです。肌の酸化を防ぐためには、それに効果が期待できる美容成分をスキンケア製品などから得ることが求められます。そうした美容成分としては、まずはビタミンCを挙げることができます。ビタミンCには、酸化を防ぐ力は勿論ですが、肌が美容成分を自ら作り出すのを助ける作用もあります。スキンケア製品においてはビタミンC誘導体として配合されているのが望ましいとされ、最近ではアプレシエ、APPSと呼ばれている新型ビタミンC誘導体が即効性と持続性を兼ね備えているビタミンCとして注目を集めています。またビタミンEも、細胞老化を防ぐ力が強い成分です。これはサプリメントや食品などで摂取することが望ましいです。そして、ビタミンCの実に172倍もの抗酸化作用を持っている美容成分として注目を集めているのがフラーレンです。ビタミンCなどの成分が、細胞のかわりに自分自身が活性酸素のダメージを受けるのに対し、フラーレンは活性酸素そのものを吸着することで、そのダメージを無力化すると言う性質を持っています。そのため、紫外線などを浴びても簡単には壊れない、持続性が高く、安定した成分と言うことができます。他にも、人間がもともと持っている成分で、肌細胞を回復させる作用があると言われているたんぱく質の一種、EGFも有効成分として挙げることができます。a0002_001999

Comments are closed.