最近の投稿

ドライカットするのがポイント

最近は動画サイトでもセルフカットの方法をレクチャーする動画が流行っています。
しかし、いざ自分でセルフカットをするとなると勇気がいるものです。
そこで前髪から始めてみてはいかがでしょう?
ポイントは「ドライカット=濡らさないで切る」ことです。
濡らさない利点としては、
・髪の毛が乾いた状態で切ることで普段の状態に近いため細かい調整が出来ること
・髪の毛は濡れると縮むため濡らして切ると思った以上に短くなってしまうため
・仕上がりをイメージしやすいので余分な場所を削っていく要領で切ることができる
といったことがあげられます。
特にクセが強い髪質の人は濡らすとクセが出にくいので仕上がりが変わってしまうということもありますし、前髪セルフカットの失敗例で多いのが濡れている時に切って短くなりすぎたという事で初心者は濡らさないドライカットが一番です。
プロの方もドライカットを推す方が結構いて、理由は「家での再現性が高い」「動きが出しやすい」「持ちが良い」と言われています。

ほかにも前髪をいきなり真横にハサミをあててパツンと切るのではなく、指先で挟んでそろえたまままっすぐ上に持っていき縦にハサミを入れたり、すきばさみで細かく切るというのもポイントです。

Comments are closed.