最近の投稿

コラーゲンを含んだ化粧品の効果

女性の肌は年齢を重ねるごとに、肌の保水力が失われていくので、乾燥しやすい状態になり、さまざまな肌トラブルが起きやすくなります。
それを防ぐには、コラーゲンなどの保湿成分を自力で補充するしかないので、化粧品を使って対処するようにしましょう。
コラーゲンはたんぱく質の一種で、主に肌の弾力やハリを保つ働きがあり、肌以外にも骨や関節、目の健康維持にも役立っています。
コラーゲンは、真皮層と呼ばれる肌の深い部分に存在するため、肌に塗るだけでは真皮層まで届かず、表面のみにとどまってしまうので、各メーカーがさまざまな工夫を凝らした商品を作っています。
近年の研究では、肌に塗ると、コラーゲンの増殖を促す効果があると考えられるようになっていますし、保湿効果も高いので、肌の保水力を向上させることが出来ます。
保水力が上がると、紫外線や埃、花粉といった、外界からの刺激から肌を守るバリア機能もアップさせられます。
お肌が乾燥すると、しわやたるみ、しわなどの原因になりますが、化粧品で常に潤いを与えれば、それを防ぐことが出来す。
コラーゲンは年齢によって徐々に減少していきますから、いつまでも若さを保ちたいなら、化粧品やドリンク、サプリなどで体の外側や内側から補うようにしてください。a0001_008109

Comments are closed.