最近の投稿

Archive for 2月, 2016

保湿対策:脱毛・値段の安さより早く終わらせたい場合

脱毛サロンに通って施術をうける場合、長期間を脱毛に費やすことがあり、長期間施術をうけるとお金も出費することになります。脱毛サロンはできるだけ短期間で効果的に早く脱毛を終わらせるためにできることがあります。
脱毛を早く終わらせるためには、肌の露出が少ない秋や冬に施術を始めること、脱毛している期間は自己処理は控える、予約がとりやすい脱毛サロンを利用する、保湿対策を行なうなどが考えられます。
施術を始めるのは秋や冬が適しているのは、自己処理の頻度が少なくなること、紫外線などの肌への影響が少なくなることがあります。
夏は肌を露出する服を着る機会が多くなり、ムダ毛の自己処理を行ないます。脱毛期間中にムダ毛の自己処理をすると毛周期がズレることがあり、サロンで毛周期に合わせて脱毛していても、自己処理を行なうことで効率よく脱毛できなくなります。また、紫外線などのダメージをうけて肌が乾燥した状態では脱毛の効果を最大限活かすことができなくなるのです。
脱毛サロンに通うようになると保湿ローションを使用することになります。脱毛期間中は継続して保湿対策をすることが大切なのです。
施術期間を短くするだけではなく、肌を保湿することは、施術時の痛みを和らげることにつながることもあり、保湿することは効果的です。
また、保湿を行なっている場合と保湿を怠った場合では、脱毛効果の実感が異なります。保湿対策は、お風呂上がりだけではなく、朝起きた時などにも行なうとより効果的です。花06

レーザー:脱毛・時間よりも値段の安さ優先の場合

値段を安くレーザー脱毛を行うなら、エステのキャンペーンを利用しましょう。
キャンペーンはどこでも、色々やっています。
まずは、通える範囲で脱毛できるエステを探します。
クリニックでも脱毛はできますが、時間を気にせずに安く受けたいのであればエステが良いです。
通える範囲の中で、どんなキャンペーンをやっているかを確認します。
全身だと数万円割引いてくれるところもあります。
または、部分の脱毛キャンペーンを組み合わせることも出来ます。
このエステでは、脇の脱毛が安いから脇を、他のエステでは違う部分をというように違う部分を組み合わせて行うことで安く受けることができます。
この場合、一つの部分は一つのエステのみにします。
色んなエステで脇を集中的に行うといっても、毛の周期に合わせて脱毛しなければならないので肌トラブルにもなります。
自分がどこを脱毛したいか決まっていれば、当てはまるエステを探しましょう。
また、多い場合や全身脱毛したい場合は家庭用の脱毛機の購入の方がお得です。
2年で契約したとしても、その年数で脱毛が終わる保証もありません。
生えてくることもあります。
自宅で脱毛し、背中などの届かない部分のみキャンペーンのエステ脱毛を行うというのも一つの手段です。花05

皮膚表面:脱毛・自分に合った方法の選び方

脱毛方法を選ぶ時には、自分に合っているかどうかをまず最初に考えます。
誰でも一度は経験している可能性が高いのは毛抜きですが、まとまった量を処理するには時間がかかり過ぎます。また、手の届かない場所は処理が行えませんので、全身の処理をこれだけでというわけにはいきません。
脱毛テープも毛根から引き抜く方法であり、一定範囲のムダ毛を一気に抜きますので強い痛みを伴います。肌の弱い人は剥がす時に皮膚を傷つけてしまう恐れもあります。
ローラー回転式の脱毛器も一時しのぎの方法であり、数本ずつローラー回転部分が巻き込んで引き抜いていきます。皮膚の柔らかい箇所は痛みが強く、強い箇所は比較的痛みが少ないといわれています。
一時しのぎの方法であり、強い痛みを伴う場合は、次回の処理が億劫になります。そのような場合には脱毛クリームを使用するという方法もあります。脱毛クリームは皮膚表面よりもやや深い部分でムダ毛を溶かします。剃った場合よりも効果は長持ちしますので、処理間隔を空けることができます。クリームで処理を行った後に発毛抑制効果のあるローションを塗っておけば、効果は更に長持ちします。ローションは潤い成分の含まれているものが理想的です。花04

色素沈着:脱毛・家庭用脱毛器

自宅での自己処理で脱毛効果の高い家庭用脱毛器には、美容クリニックなどで使用されるレーザー方式や、脱毛サロンなどで採用しているフラッシュ方式、熱エネルギーによってムダ毛を処理するサーミコン方式など、様々な種類が存在します。

一度購入してしまえば故障しない限り長く使用できるので、脱毛サロンや美容クリニックに通うよりも格安で済み、またそれらで行う施術と近い環境が自宅にいながら体験できるというメリットもあります。

また、VIOラインなどの他人に見せるのには抵抗がある部分にムダ毛の処理も自分でできるので恥ずかしくないのも良い点です。

ただ、肌に色素沈着を起こしている部位の脱毛は基本的に家庭用脱毛器ではできないことになっています。
脱毛したい部位に色素沈着がある場合はシールや別のものでその部分だけ隠して光が当たらないようにして施術を行うようにします。

色素沈着を起こしている部分は既に黒ずんでいる可能性もあり、さらに脱毛器を照射することで反応してしまい炎症や肌トラブル、あるいはさらに黒ずんでしまう原因となるからです。

ホクロがある場合も面倒ですが隠して照射することをおすすめします。

せっかく自宅で手軽に脱毛できるのに、炎症や肌トラブルを起こしてしまったらもったいないので、慎重に脱毛を行うようにしましょう。花03

日焼け:医療脱毛

医療脱毛はレーザーを使用して毛根の細胞を破壊し、ムダ毛が再生しないように抑制するという仕組みの脱毛方法です。
エステの脱毛などに比べると脱毛の効果が早く出ることなどから人気が高い脱毛方法となっていますが、施術を受ける際にはいくつか気をつけておきたいポイントが存在します。
その内の一つが、日焼けについてです。
医療レーザー脱毛は体毛が黒い人であれば脱毛効果を得ることができますが、日焼けをしている場合には施術不可となることがあります。
その理由は、メラニン色素に反応して熱を与えるというレーザーの性質にあります。
脱毛に使用されるレーザーは、ムダ毛が持つ黒い色素であるメラニンに反応し、熱を与えることで毛根の細胞にダメージを与えます。
メラニンは黒い体毛の他皮膚にもある程度存在していますが、通常皮膚に含まれるメラニンはレーザーが反応するほどの量ではないため、脱毛時には体毛に対してのみ熱が伝わります。
しかし日焼けしている場合、程度にもよりますが皮膚全体にレーザーによる熱が伝わる可能性があるため、痛みが肌全体に広がってしまうことから施術ができない可能性が出てきます。
こうした理由から脱毛期間とその前の日焼けは厳禁ですので、医療脱毛を検討している人は注意しましょう。花02

紫外線防止効果:脱毛・脱毛・エステについて

エステ脱毛はフラッシュ脱毛やIPL脱毛と言った特殊な光を照射させて脱毛の施術を行っています。
尚、脱毛で利用する時の特殊な光は、黒いメラニンに強く反応を示すため、毛穴に光が集中するので、火傷などのリスクを持たないと言いますし、エステ脱毛では最初にジェルを塗布するので安心と言う事なのです。

しかしながら、紫外線により日焼けをした肌は脱毛を行う時の光を分散させてしまい、火傷のリスクを生じさせることになります。
そのため、エステ脱毛では日焼けに対する紫外線対策を行う事が必要となるのです。

日焼け止めクリームを選ぶ事で紫外線対策効果を得る事が出来ますが、日焼け止めクリームには紫外線防御指数とも呼ばれているSPFと言う数値が在ります。
紫外線を浴びた時に、皮膚が赤くなるまでの時間をどれだけ長く出来るのかを表した数値で、数値が大きくなるほど長時間の紫外線防止効果を期待出来ると言われているのです。

尚、SPFの数値は20~25分を1単位として計算する事が可能で、SPF10と言った日焼け止めクリームの場合は、20分×10倍=200分となるので、約3~4時間の紫外線防止効果を得られると言う事で、外出などの時間に応じてSPFを使い分ける工夫が大切です。花01

皮膚の保護機能:脱毛・ワックスについて

人気が高まっているワックス脱毛ですが、使われているワックスもいろんなタイプがありますので、初めのうちは様々な種類のワックスを使っているサロンを利用するといいでしょう。また、自分でワックス脱毛をしたいと思った時にもパッケージを見てどんな機能があるのか効果も確認しておくと脱毛がしやすくなります。

イタリア製やフランス製などいろんな国のワックスがあるのですが、例えば皮膚の保護機能があるタイプのワックスもあるので、これは特に敏感なVIOラインに使っていくのにも最適です。どんな肌質や毛のタイプでも使えるタイプもあれば、抜け難い毛に対してアプローチをしていくものもあります。産毛用のものもありますので、顔周りのお手入れをしたい時にはこうしたタイプを使って下さい。

脱毛用のワックスを肌に塗布してから毛の流れに逆らうように引き剥がして毛を処理していくのがワックス脱毛です。様々なワックスを揃えておけば、背術をしたい部位に合わせて使い分けができるのでとても嬉しいものです。古い角質もはがしてくれますから、肌表面がつるつるになりますし、毛穴の汚れも除去してくれますので脱毛以外の効果も得られて一石二鳥となっています。ひまわり

安全:脱毛・毛抜について

カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理しても、表皮に見えている部分を剃っているだけなのですぐにムダ毛は再生してきます。剃った後切り株状になったムダ毛が生えてくるので、以前より濃くなったように見えてしまうこともあるでしょう。また、個人差はあるものの、ツルツルな状態を2~3日しか維持できない点も大きなデメリットです。
ムダ毛に悩んでいる人の中には毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いている人もいます。カミソリ等で剃った場合と比べて、ツルツルの状態を長く維持できる点はメリットといえますが、埋没毛などのやっかいな肌トラブルに悩まされる機会が増えてしまいます。眉毛等の薄いムダ毛を時々引き抜く程度なら、処理後にしっかりとスキンケアすればそれほど問題はありません。しかし、ワキやVIOなどに生える比較的濃くて太いムダ毛を毛抜きでたくさん引き抜くのは、安全なムダ毛処理方法とはいえません。その上、何回毛抜きで引き抜いても、ムダ毛の再生組織にダメージを与えることはできないので、結局ムダ毛は再生してしまうでしょう。
安全にムダ毛のないツルツルな美肌になるには、脱毛サロン等でプロの施術を受けるのがもっとも確実です。施術を受ければ受けるほど、ムダ毛が薄く目立たなくなっていくので、カミソリや毛抜きで処理する必要性がなくなり、いつもツルツルな肌をキープすることができるようになります。バラ03

エステ:脱毛・カミソリについて

エステでムダ毛が生えてこなくなる効果のある脱毛の施術を受けたいと考えたら、その時点から、ムダ毛の自己処理をカミソリやシェーバーで剃る方法にしておく事が大切です。
ムダ毛は、毛抜きで抜いて処理をしているという人もいるでしょう。
毛抜きで毛根から抜く事で、見た目が綺麗になるだけで、生えてくるまで時間がかかるようになる等、いくつかのメリットがありますが、脱毛の施術では、毛根があり、その毛先が皮膚の表面から覗いているという事が重要になってきます。
その為、毛抜きで毛根まで抜いてしまうと、脱毛の施術を行っても、効果がない状態となってしまいます。
ですから、毛抜きで抜いて処理をしているという人は、脱毛を考えた時点から、処理方法を、カミソリやシェーバーで剃るという方法に切り替えておく事が大切です。
施術の前日から、シェーバーに切り替えれば良いと考える人もいますが、毛根がある状態を作っておかなければいけないので、抜いて行う処理は早めにやめておくという事が大切になってきます。
そして、施術が完了するまでの期間も、ムダ毛は剃って処理をしていく事が重要になっています。
脱毛の施術を始めたら、ムダ毛の処理は剃って行う事が大切です。バラ02

人気:脱毛のメリットは?デメリットも解説します

男性も女性も脱毛は身だしなみの一つとして多くの人が自己処理なり脱毛サロンなどに通って施術をするなどしていますが、そもそも脱毛するメリットとは肌を良く見せる、毛穴が引き締まるといった点が挙げられます。脱毛方法も様々でそれぞれメリットデメリットがある為、特性を知って自分に合う方法で脱毛をすると良いでしょう。
脱毛方法にまずは自己処理で行う方法がありますが、自宅で手軽に出来るというメリットがありますが、永久的ではない事や肌への負担などがデメリットでもあります。いかに肌への負担をかけずに永久性を持った脱毛を希望する場合には医療機関などで行う、レーザー脱毛が良いでしょう。レーザーの特性を活かして黒い物に反応してダメージを与える事が可能になり、毛乳頭を破壊する事で毛の再生を防ぎます。しかし、医療機関での通院になる為、予約をして決められた時間に行く手間や費用もかかる事は否めません。
費用面で気になる人は、レーザー脱毛より少しお手軽に脱毛を始めるにはエステサロンでの脱毛が人気です。キャンペーンを上手く利用すれば数百円で試せる事もあり、他人によって施術を行う事もあり、自己処理では行き届かない背中などの部位には綺麗な仕上がりが期待出来る他、脱毛する事で保湿ケアを同時にしてくれる所も多く、脱毛しながら肌が綺麗になれる一石二鳥なサロンも多いです。しかし、人気サロンでは予約が取りにくかったりする為、中々脱毛が進まないといったデメリットもあり、事前に予約状況はどうか、サロンによって大きく異なる為、調べてから始めると良いでしょう。バラ01