最近の投稿

Archive for 1月, 2016

男性が気になる女性のムダ毛ってどんなの?

自分の姿は自分自身の目からは客観的に見ることが出来ないとよく言われますが、他人の目はとても鋭くいつも見ていないようで、実はしっかりと観察されているものです。特に異性の目は同性以上に鋭く、ちょっと気を抜いていると思いがけない弱点を発見されてしまいかねません。特に女性にとってのムダ毛の脱毛は必要不可欠なもの。男性は女性のムダ毛の処理など全く気にしていない素振りをしながら、きちんとチェックしていますので決して気が抜けません。

たとえば男性が気になる女性のムダ毛としては腕や脚といったポイントが挙げられるでしょう。半袖やスカートなどを着用している時に、肌を露出している部分が綺麗にケアされているのは当然のこと。問題は、半袖の袖やスカートの裾がちょっとだけめくれて、いつもは隠れている部分の肌が露になった時です。いつもギリギリのラインまでしか脱毛ケアしていない人は、そういったタイミングにすっかりバレてムダ毛処理していない部分をしっかりと見られてしまいます。

また、友人どうしやカップルでプールやビーチに遊びに行った時には、自分の目が行き届かない背中もチェックされてしまうもの。中には背中に産毛タイプの体毛が生えている人も少なくありませんので、そういった人は思いがけない具合に手が行き届いていないのがバレてしまいます。こういった弱点をきちんと整理した上で、しっかりと対策をとっていきたいものです。

1週間短期集中プチ断食の方法とは

1週間飲まず食わずの断食は、精神的な苦痛が在りますし、身体に対する負担が大きくかかるため危険を伴う行為です。

しかし、1週間飲まず食わずではなく、脂肪燃焼スープを利用してのプチ断食なら、飲まず食わずの状態で1週間を過ごすよりもダイエットに成功する可能性が高くなりますし、脂肪燃焼スープがご馳走にも思えてくるわけです。

尚、この方法の場合は、スープはたっぷりと飲んでも良いと言うプチ断食であり、気持ち的にも楽になりますし、身体への負担も小さくなるので安心して行う事が出来ます。

脂肪燃焼スープのレシピは、玉葱3個、パプリカもしくはピーマン1個、セロリ1本、キャベツ半玉、ホールトマトの缶詰1個、チキンスープの素となります。
因みに、このスープは固形物が入るので、ダイエットにならないのではないか、プチ断食として利用出来ないのではないかと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、固形物が入ることでプチ断食の効果を高められると言うメリットも在るのです。
また、これらの材料は総額にしても1000円もかからないので経済的な方法です。
尚、脂肪燃焼スープはお腹が空いた時に食べるもので、普段は水やお茶などを飲んで生活をするのが特徴です。

半日プチ断食の方法とは

食べる量を減らしても、毎日運動を取り入れてもやせない。そんなダイエット中の悩みは誰もがぶつかる壁です。努力しても結果が出ないとモチベーションが下がり諦めてしまいがちですが、ダイエットを辞める前にプチ断食を試してみてはいかがでしょうか?いきなり一日中食べ物を口にしない辛そうなものではなく、半日だけいつもの食事をかえてみるというものなので安心して始められます。まず葉物野菜・にんじんなどの野菜をミキサーにかけてジュースを作ります。冬場は体を冷やさないように、コンソメで煮込んだスープでもいいでしょう。市販の野菜ジュースやスープより、余分な調味料を使わず野菜だけで作った物の方が向いています。出来上がったら三度の食事のうち朝と昼、または昼と夜の二回をこのジュースかスープに置き換えるだけです。あとの一食は焼き魚かお豆腐などと一緒にごはんやみそ汁といった固形物の食事が食べられます。半日プチ断食は、お休みの日や食べすぎた翌日などに無理なくできて比較的始めやすいのが特長です。体を定期的に休ませることで滞っていた毒素を排出しやすくなり、デトックスされた体内は脂肪を燃焼させる代謝エネルギーがアップします。ダイエットの停滞期にはおすすめの方法です。

週末プチ断食の方法とは

断食とはある一定期間食事を抜くことで本来修行で行われていましたが、現在では内臓を休める事で体の中を浄化しするとともに、今までたまっていた老廃物を体外に押し出すことでデトックス作用があることから、ダイエットや美容用途として転用されるようになりました。中でも手軽なのは半日から1日のみで行う週末のプチ断食です。断食中は固形物は一切とりませんが、水分はまめにとるよう気をつけます。これは体内で血液が濃くなりすぎるのを防ぎ、発汗を促し、体内の塩分調節をする作用があります。またコールドプレスしたジュースなど、専用のドリンクを用意してもかまいません。プチ断食をしている間は体を締め付けない恰好をしたほうがリンパのめぐりがよくなります。普段と同じ生活をしても問題ありませんが、激しい運動やサウナなど体力を消耗する事は避けましょう。軽いヨガやストレッチなどは逆にプチ断食の効果をさらに向上させます。終わった後は心身ともにすっきりし、代謝がよくなるため冷えが改善し、腸がきれいになることでダイエットや美肌維持にも役立ちますが、吸収がよくなっているため、直後の暴飲暴食は厳禁です。慣れてくると時間を延ばしてもかまいませんが素人であれば2日程度を限度に設定します。

プチ断食中に食べてもいいメニュー

近年では美容や健康の増進を目的として、断食にチャレンジする人が増えています。断食によって胃腸などの普段忙しく動いている内臓を休ませることにより、腸内環境が向上して便秘が治ったり、デトックス効果でお肌のツヤが良くなったり、基礎代謝が上がってダイエットしやすい体作りができたりなど、色々な効果があるとされているからです。そんな断食を何日も続けるのは肉体的にも精神的にも辛いですが、一日などの短期間だけ行うプチ断食でも効果があると雑誌などで紹介されるようになったため、普通の人でもチャレンジしやすくなっているのです。そんなプチ断食の間でも、何も口にしてはいけないというわけではありません。固形の食べ物は口にしてはいけないのですが、水以外でも液体であれば、食べても良いとされているものがあります。その代表的なものとしてまず挙げられるのが酵素ジュースで、酵素ダイエットに利用されるものとして色々な種類が販売されています。酵素ジュースは野草や果物などから抽出した酵素の力で、美容と健康に良い働きをするので人気なのです。この他にも野菜を用いた飲み物は適度な栄養が取れて満足感が得られるということで、野菜ジュースや脂肪燃焼スープを利用する人も多くなっています。

プチ断食が脂肪燃焼に効果があるワケ

プチ断食をすると、脳の栄養分であるブドウ糖の供給量が不足します。
脳はブドウ糖しか栄養に出来ないので、なんとかして栄養を作り出そうとして脂肪からブドウ糖を作り始めます。この状態をケトアシドーシスと言います。
このとき、体内にはケトン体という物質が増えます。ケトン体は体を酸性にする作用があり、あまり長い間酸性に傾いていると、頭痛や吐き気が起こる危険性があります。
しかし、この状態の山場を越えると、脂肪燃焼が促進されるようになります。
脳が脂肪からエネルギーを取り出す仕組みは、糖新生と呼ばれており、この状態ではどんどん蓄積された脂肪が使われていきます。
ただし、プチ断食の後にすぐに糖分を大量摂取してしまうと、この状態が解除されてしまい、脂肪が使われにくくなります。
アメリカでは、糖質摂取をほとんど0gに抑えることで糖新生をどんどん行わせる肥満治療の方法もあります。これはアトキンス式ダイエットという方法で、ケトン状態になるまで絶対に糖分を摂らないようにする厳密なダイエット方法です。
この方法はBMIが40を越えるような高度肥満の人に適用されている方法なので、少し痩せたいというのであれば、プチ断食などでも痩せる効果は得られるでしょう。

アンチエイジンクに効くプチ断食

アンチエイジングにプチ断食が効果があると言われています。その理由はどこにあるのでしょうか。
プチ断食を行うことで、普段忙しく働いている臓器が休憩をとることができ、臓器のエネルギーが回復します。疲れてしまった臓器がリフレッシュすることで抗酸化作用が上がり、アンチエイジングに効果があると言われています。他にもダイエット効果やデトックス効果もあるため、女性を中心に人気の断食方法なのです。
プチ断食は、週2回ほど1日500kcalほどの栄養素を摂る断食方法です。毎日ずっと続ける必要がなく、さらに本格的な断食のように全く食べ物を食べないという辛さがありません。お菓子だけというような栄養摂取は好ましくありませんが、たんぱく質や野菜など、好きなものを食べても良いのも特徴です。注意点としては、食事と食事の間に12時間の時間を空けるようにしましょう。どうしてもお腹が空いたときにはノンカロリーの飲み物を飲んだり、少しだけなら茹でたホウレン草やリンゴを食べて良いのです。また、頻繁にプチ断食を続けると身体に負担がかかるので、1週間に1度程度の頻度で行うようにしましょう。断食を行う日以外は好きなものを食べて良いのも嬉しいですね。

便秘解消に効くプチ断食

空腹時にお腹が「ぐーっ」となっている時、胃腸内では空腹期強収縮が起きています。
強い収縮によって食物の残りカスや古い粘膜をそぎ落として、胃腸の中を掃除する効果があります。「ぐーっ」と音がなるのは、腸管内のガスが動くためです。
この空腹期強収縮の仕組みを考えると、空腹時には胃腸の動きが活発になって食物残渣を外に押し出す力が強まっていることがわかります。
これを応用すると、ある程度自分の意思で胃腸の掃除ができることになります。
その方法のひとつとして、プチ断食が挙げられます。本格的な断食は、水だけもしくは水も飲まずに数日間過ごす苦行ですが、プチ断食は半日や週末だけ、酵素ドリンクは飲んでも良い、など断食のレベルが下げられています。
プチ断食をすると空腹期強収縮が起こるため、胃腸の働きが活発になって便秘解消に役立ちます。
人間の体は、出してから入れるという流れになっています。便秘で苦しんでいる人は、出ていないのに食べるから余計に詰まってしまっている可能性もあります。
また、食べ過ぎによって胃腸の機能が低下して、そのせいで便秘になることもあります。
プチ断食で消化器官を一時的に休めてあげることで、効果的に便秘解消を行うことが出来ます。

プチ断食のもたらす健康効果

プチ断食は、胃や腸などの消化器官を休ませる効果があります。現代人は常に何か食べている状態で、消化器官が休まる暇がありません。
すると、消化能力が落ちてしまいます。すると本来なら消化されて出るはずの食べ物が詰まって、腸に溜まってしまうこともあります。いわゆる便秘です。
プチ断食をすると、消化器官が休まるので、消化能力が回復します。すると胃腸の働きが良くなって収縮が強くなり、排泄能力が高くなります。
これにより、デトックス効果が上がります。体がデトックスされると、体内の老廃物が排出されるので、体のめぐりが良くなります。
血液の流れが良くなると、体じゅうの細胞に栄養と酸素が届きやすくなるため、新陳代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。
プチ断食によって消化器官を休ませることで、デトックスや脂肪燃焼などのダイエットに嬉しい効果が得られるということです。
普通の断食と違い、プチ断食では酵素ドリンクやスムージーなどの消化器官に負担をかけない飲み物の摂取は良いとしている場合もあります。
どのような断食方法をするにしても、直後はお粥など優しい薄味のものを食べて徐々に普通の食事に戻していく必要があります。いきなり普通食にすると消化器官に負担がかかるので気をつけましょう。

プチ断食のやり方と種類

断食と言うと、何日間にもわたって食べ物を我慢するといった、かなり苦しくて難しいもののようなイメージを持たれがちですが、短期で済むプチ断食という手軽な方法で、断食の持つ美容と健康に役立つ効果を受けることはできます。プチ断食のやり方は、半日から一日程度固形の食べ物を口にしないで過ごすというのが基本です。それだけの簡単な方法で胃腸などの内臓を休ませることができ、腸内環境が改善されて便通が良くなったり、体の代謝が上がって痩せやすい体質になれたり、免疫力がアップしたり、お肌の調子が良くなったり、気持ちが落ち着いたりなど、様々な効果を期待することができるのです。
このプチ断食にはいくつかの種類があります。まず最初に挙げられるのは、断食と聞くと一般的にイメージしやすい、水だけを飲んでその他には何も口にしないという方法です。ただこの方法は満足感を得ることがないため、精神的に厳しいという人も少なくないでしょう。そういった人たちには、空腹感を感じたら何か固形ではないものを口にするという方法があります。この場合に何を口にするかによって色々な種類があり、人気があるものとしては野菜ジュースや、糖分や脂肪を抑えたヨーグルトといった、ヘルシーで低カロリーなものがあります。