最近の投稿

Archive for 12月, 2015

良質な睡眠がアンチエイジングに効果的な理由

年齢とともに気になる肌の老化。美容のために普段から食事や化粧品に気を使った生活をされている方も多いでしょう。食事や化粧品に手をかけるのも良い方法ですが、最も重要なことの一つが良質な睡眠を取ることです。私達は知らず知らずのうちに毎日ストレスを受けています。更に年齢とともに睡眠時間が減り疲れが溜まっている方も多いです。最も手軽なアンチエイジングの方法として快眠できるような空間作りをしてみましょう。肌の若返りが期待できる22時から2時までの間はなるべく睡眠を取りたい時間です。22時に就寝は難しいかもしれませんが、早寝早起きの習慣をつけるようにして下さい。熟睡できるようにするために、寝る前にお風呂に入ることをおすすめします。寝る直前の入浴は交感神経が興奮してしまいますので、寝る数時間前に入ると良いです。ゆっくり湯船に浸かり、一日の疲れを取るようにして下さい。寝る前についついいじりたくなるスマホや携帯。せっかく眠ろうとしているのに脳を刺激を与えて寝付きが悪くなりますので寝る前は控えるようにしましょう。就寝直前の食事はおすすめできませんが、ホットミルクやハーブティーを飲むことは安眠効果があります。a0002_002041

アンチエイジングに効果のある食べ物

アンチエイジングに大切なことの一つに食生活の改善が挙げられますが、無理なく継続していくためには、効果のある食べ物の中で、自分の好きな物を中心にして食べて行くと楽でしょう。
例えば、アンチエイジングに効果のある物と言えば、ビタミンCの食べ物です。ビタミンCが含まれている食べ物と言ってもたくさんありますが、多くの人が食べられるフルーツが入っているのが嬉しいところです。
と言っても、フルーツなら何でも良いわけではありません。いちごやパイン、キウイフルーツ、グレープフルーツなどが該当するフルーツです。
ちなみに、できれば食べ方にも気を付けておきたいところです。ビタミンCを取らないと、と思って焦ってバクバク食べるよりは、毎日のように継続して食べた方が良いものです。いちごの場合はスーパーでパック売りされていますから、毎日少しずつ食べやすいフルーツだと言えるでしょう。
また、レモン果汁にもビタミンCが含まれていますので、絞って料理に使用したり、食事の際のつけ合わせにするなど、積極的に取り入れて行くようにすると良いでしょう。
ちなみに、ビタミンCが含まれている食材をピックアップして、食べやすいように自分なりにレシピを考えてみるのも面白いでしょう。a0002_002040

たるみ毛穴を引き上げる方法

頬の辺りの毛穴が特に目立つと言う場合、肌のたるみが原因であるたるみ毛穴である可能性が高いです。頬骨の辺りの肌を少し上に引っ張ってみると毛穴が目立たなくなるようでしたら、確実にそうだと言えます。肌のたるみが発生する原因として挙げられるのが紫外線ダメージです。紫外線の内、A波は肌の奥深くに到達し、肌弾力を支えている成分に、時間をかけて少しずつダメージを与える作用があるとされています。ですから通年、日焼け止めなどを使用して紫外線をブロックすることが対策としては重要です。特にPA値が高いものを使用すると良いです。また紫外線ダメージ、あるいは加齢になどにより減少していく肌弾力を支えている成分、エラスチンやコラーゲン、そしてコラーゲン生成を助けるビタミンCなどを食品やサプリメントで補給するのも対策のひとつです。それから、たるみを引き上げるためのフェイスマッサージも有効な対策です。ただしこれは、力加減や方法などを誤ると、かえって酷くなる場合もあります。ですから可能な限り、その技術や知識を有しているプロに行ってもらうことをおすすめします。最近では、肌を引き上げるようにヘアアレンジをすることでたるみを解消させるようなヘアグッズも出ています。こうしたものを使用して、物理的に肌を引き上げるのも有効な対策です。a0002_002034

引き締め・リフトアップに効果的な成分

引き締まった肌、そしてきゅっ、と上向きにリフトアップしたような肌と言うのは、結局は弾むようなツヤと弾力に溢れた肌と言うことになります。ですからこの肌を手に入れるためには、乾燥を寄せ付けない潤いに有効な成分と、弾力を支えるために必要な成分を摂取することが必要となります。そうした成分としてまず挙げられるのがコラーゲンです。これは保水性が非常に高いため、肌内部で潤いを保つ役割を期待することができます。それと共に肌の奥深くで、肌弾力を支える役割も果たしています。加齢や紫外線ダメージで減少してしまいますが、スキンケア製品や美容に良いとされているサプリメント、また食品などにも多く含まれています。是非とも、これらを活用して積極的に摂取しておきたいです。それからビタミンCもおすすめです。これにはまず、コラーゲンの生成を助ける働きがあると言われています。また抗酸化作用、肌老化を防ぐ作用にも優れています。そのことから肌を引き締める効果も期待できるため、コラーゲンと合わせて摂取しておきたいです。スキンケア製品に含まれている場合は、ビタミンC誘導体として含まれているものを選ぶのがポイントです。その他にも、コラーゲンと一緒に肌弾力を支えているエラスチンや、コラーゲン繊維の結合に働きかける作用があり、なおかつ肌老化を防止する作用に優れているEGFなどに代表される各種ペプチドなどもおすすめです。ただしこれらを摂取したからと言って、肌の引き締め、リフトアップは一朝一夕で叶うものではありません。日々の紫外線対策をしっかりと行った上で、毎日、こつこつとお手入れをすることが重要です。a0002_002031

肌の酸化に効く美容成分とは?

人間の体の細胞は、日々、活性酸素によるダメージによって錆びつき、つまり酸化しています。活性酸素は、紫外線や喫煙、またストレスとなどによって発生するとされています。これによる細胞の酸化が、老化や疾病の原因であるとも言われているため、これを防ぐことが美容や健康のためには重要なことです。肌の酸化を防ぐためには、それに効果が期待できる美容成分をスキンケア製品などから得ることが求められます。そうした美容成分としては、まずはビタミンCを挙げることができます。ビタミンCには、酸化を防ぐ力は勿論ですが、肌が美容成分を自ら作り出すのを助ける作用もあります。スキンケア製品においてはビタミンC誘導体として配合されているのが望ましいとされ、最近ではアプレシエ、APPSと呼ばれている新型ビタミンC誘導体が即効性と持続性を兼ね備えているビタミンCとして注目を集めています。またビタミンEも、細胞老化を防ぐ力が強い成分です。これはサプリメントや食品などで摂取することが望ましいです。そして、ビタミンCの実に172倍もの抗酸化作用を持っている美容成分として注目を集めているのがフラーレンです。ビタミンCなどの成分が、細胞のかわりに自分自身が活性酸素のダメージを受けるのに対し、フラーレンは活性酸素そのものを吸着することで、そのダメージを無力化すると言う性質を持っています。そのため、紫外線などを浴びても簡単には壊れない、持続性が高く、安定した成分と言うことができます。他にも、人間がもともと持っている成分で、肌細胞を回復させる作用があると言われているたんぱく質の一種、EGFも有効成分として挙げることができます。a0002_001999

コラーゲンを含んだ化粧品の効果

女性の肌は年齢を重ねるごとに、肌の保水力が失われていくので、乾燥しやすい状態になり、さまざまな肌トラブルが起きやすくなります。
それを防ぐには、コラーゲンなどの保湿成分を自力で補充するしかないので、化粧品を使って対処するようにしましょう。
コラーゲンはたんぱく質の一種で、主に肌の弾力やハリを保つ働きがあり、肌以外にも骨や関節、目の健康維持にも役立っています。
コラーゲンは、真皮層と呼ばれる肌の深い部分に存在するため、肌に塗るだけでは真皮層まで届かず、表面のみにとどまってしまうので、各メーカーがさまざまな工夫を凝らした商品を作っています。
近年の研究では、肌に塗ると、コラーゲンの増殖を促す効果があると考えられるようになっていますし、保湿効果も高いので、肌の保水力を向上させることが出来ます。
保水力が上がると、紫外線や埃、花粉といった、外界からの刺激から肌を守るバリア機能もアップさせられます。
お肌が乾燥すると、しわやたるみ、しわなどの原因になりますが、化粧品で常に潤いを与えれば、それを防ぐことが出来す。
コラーゲンは年齢によって徐々に減少していきますから、いつまでも若さを保ちたいなら、化粧品やドリンク、サプリなどで体の外側や内側から補うようにしてください。a0001_008109

光老化の原因である紫外線から肌を守ってくれる化粧品

光老化をご存知ですか。紫外線の浴びすぎはシミやそばかすなどの原因となることは良く知られていますが、実はそれだけではないのです。お肌のしわやたるみをももたらす怖い存在なのです。
紫外線にはA波とB波があり、前者が波長が長く、後者が短いといった特徴があります。波長が短いB波はその影響がすぐに日焼けとして現れますが、A波の方は肌の奥深くまで浸透してじわりじわりと蝕むのです。B波に比べて曇り空でもガラス越しでも降り注ぐA波は、肌の奥でハリや弾力をもたらすコラーゲン繊維などを蝕み、その結果シワやたるみとなるのです。
そこでそれを防ぐためにあるのが日焼け止めです。それに最近では日焼け止めを塗らずとも、ファンデーションや化粧下地などにもUVカット効果があるものが増えています。ただ、夏場の特に紫外線の強い時期はこれだけでは不足することが多いので、予め強めの日焼け止めを塗ってからファンデーションなどを塗るといいでしょう。
顔や体に日焼け止めを塗るのはもちろんですが、忘れてならないのが髪の毛です。帽子などで隠せればいいですが、それができない時もあるでしょう。そんな時はスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。整髪料の量にシュッとするだけでいいのでお手入れも楽々です。和室

肌のエイジング(老化)の主な要因

どんなにいつまでも美肌を保っていたいと思っていても、老化から逃れることができません。肌の老化の要因はいろいろありますが、主として、紫外線のダメージを受けることと肌が乾燥することと、細胞が酸化していくことで、老化していってしまいます。
老化によって、しみができたり、しわが深くなったり、肌がたるんでしまいます。このようなことを少しでも食い止めてアンチエイジングしていくためにはなにをすればいいのでしょうか?それは毎日のケアを怠らないということです。紫外線予防の化粧品をつけていくということと保湿を心がけるということです。また、肌は腸内の状態を反映するといいます。腸内環境が悪いと、湿疹ができたり、吹き出物ができたりします。それを防ぐために食物繊維などをしっかりとり、規則正しい食生活をするということです。さらには、睡眠不足にならないようにしていくことも大切です。また、ストレスによって自律神経が乱れることも腸内環境を悪化させ、便秘になる原因です。現代においてストレスを感じないことはなかなか難しいですが、自分なりのストレス解消法をみつけておくということも必要です。ヨガなど、呼吸法を用いたストレッチなどを行うことで、自律神経が整い、体調もよくなるといわれているので、身体のケアとして取り入れていくことも大切です。窓

アンチエイジングとは?

アンチエイジングとは、老化に対抗していくこと全般を指し、美容のことだけでなく、健康のことなど老化全般に対して行う対策のことです。年をとることは止められませんが、それに伴って起こる体の変化は抑制することができます。老化を予防したり、改善したり、病気にならない体作りをしたり、などといったことは全てアンチエイジングになります。
人間の体は十八歳くらいまでに作られます。成長が止まる時期であり、二十歳くらいを境にして緩やかに老化へ進んでいくことになります。そのため、アンチエイジングは少しでも早く対策を始めたほうが良いものです。早くアンチエイジングを始めることにより、若々しく年を重ねていくことができます。
老化には様々なことが関係していますので、いろいろなことが対策になります。基本的には健康的で規則正しい生活を心掛けることが効果的です。喫煙や睡眠不足、ストレスなども悪影響ですし、紫外線や過労などもダメージを与えて老化を早めてしまいます。紫外線対策をしっかり行うことや禁煙すること、ストレスを解消すること、睡眠をしっかりとること、適度な運動をすること、など生活習慣に注意し、それを継続することがアンチエイジングのためには良いです。小物03

アンチエイジング化粧品の正しい選び方

30代の半ばを過ぎたころから、肌の変化に気付く人が多くなって来ます。いわゆる初期老化と呼ばれるもので、小じわやほうれい線が目立つようになったり、あるいは、一晩寝ても肌の調子が回復せず、メークの乗りが悪くなったりします。そのような時には、アンチエイジング化粧品を使ってみるといいでしょう。最近のアンチエイジング化粧品は、高級ブランドから、お手軽に購入できるセルフコスメまで様々な物が登場するようになりました。また化粧品メーカーのみならず、食品会社やフィルム会社が独自の技術で参入するようにもなっています。
ところでアンチエイジング化粧品の選び方についてですが、出来ればフルラインで使った方が、同じ成分が配合されているので相乗効果があります。それだと予算オーバーという場合には、たとえば美容液とかスペシャルケアアイテムだけを使ってみる、あるいはセルフコスメを試してみるというのもお勧めです。また、目的別に選ぶ、これも大切です。たるみならたるみ、しわならしわに効果のあるアイテムを選び、最低3か月間は使ってみるようにしましょう。それから自己流で使わず、必ず説明書を読んで、その通りの使い方をするのも、アンチエイジングのアイテムをうまく使うこつです。小物02