最近の投稿

Archive for 9月, 2015

爪を傷つけないためのジェルオフの方法

数年前に海外から上陸して以来、爆発的な人気となって女性たちの間で広がっていったジェルネイル、ツヤツヤとした水あめのような光沢が、数週間は長持ちするという特徴が、今までのポリッシュネイルにはないメリットで、今ではサロンでの施術でも主流となっているようです。さてそんなジェルネイルも、スターターキットなど自宅で簡単にセルフネイルができるようなセットも販売されており、コストを抑えながらも、美しいネイルを楽しんでいる女性も増えているようです。また、デザインはサロンで行っても、オフだけは自宅で行っているという方もおり、この不景気の時代少しでも節約しながらも綺麗にはなりたいと、みなさん色々と工夫されているようです。ジェルネイルのオフは、ヤスリ、アセトン、コットン、アルミホイル、ネイルプッシャーなどがあれば簡単にできるので、ぜひチャレンジして見ましょう。オフに使う溶剤は、ジェルのブランドと揃えなくても、ソフトジェルならアセトンで可能です。方法は、まずジェルの上を軽くやすりで傷をつけ、爪の形にカットしたコットンにアセトンを含ませて載せます。それをアルミホイルで蒸発しないように巻き、十分程度乗せておけばジェルがふやけてきます。優しくプッシャーなどで取り除けば完了です。

フレンチネイルをジェルでキレイに仕上げるための3つのポイント

af9920061107l年齢問わず、女性たちの大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、最近はセルフネイルアイテムも充実しており、コストをおさえながらもプロ並みのデザインを楽しんでいる女性もたくさんいるようです。数年前に日本に上陸して依頼、爆発的な人気を誇っているジェルネイルも、必要なアイテムをそろえれば自宅でもできるようになっており、ツヤツヤネイルを格安で楽しんでいる女性も多いです。さて、ネイルデザインは無限にありますが、中でも不動の人気を誇るのがフレンチネイルで、指先だけカラーをかえるデザインで、指が長く細く見えるので、サロンでも一番リクエストの多いデザインです。特に真っ白のフレンチネイルは、上品で洗練された女性のイメージを演出させてくれますが、シンプル故スキルが必要とされ、サロンでもかなり高額なデザインとなっています。自分で作る方法では、仕上がりに段差ができないようにするために、透明ジェルを塗った後、固める前にフレンチラインを入れる部分のみジェルを取ること、そしてジェルが流れてしまわないように二本づつ程度で固めていくこと、フレンチラインはカーブやスタートラインなど、左右対称に塗ると綺麗に仕上がります。そして、色が濁らないようにするためにも、筆は都度しっかりふき取るか、二本使いをするかです。

セルフジェルネイルをする際に必要なキットは?

より綺麗な発色が可能だといわれているジェルネイル、多くの人は専門のネイルサロンでしか利用することができないと思われているかもしれませんが、実際のところはそうではありません。というのも通常のネイルと同様、道具さえそろっていれば自宅で、簡単に挑戦することもできるのです。
まず、ジェルネイルを自分で行う際に必要になってくるもの、必ず押さえておきたいのはジェルネル本体と筆、さらに小皿やリムーバー、紫外線ライトなどの材料、道具です。それぞれの好みによってこれにラメや個別のパーツなどを組み合わせていくケースもありますが、最初のうちはごくごく簡単なセルフキットを購入しておくといいでしょう。最近では全くの初心者でも簡単にセルフネイルが始められるようにと、すべての道具がそろった初心者キットなるものも売り出されています。何を購入すればいいのかいまいちわからないという人は、こうした商品を選んでいくのもおすすめです。
もちろん、すべての材料、道具を一から選んでいくというのもいいでしょうが、その際にはより品揃えの多い専門店、もしくは通販ショップを活用するようにしましょう。というのも、店によっては初心者には不向きなより高額な商材しか取り扱っていないという店舗も存在しているのです。ある程度技術が伴って来ればそういった店舗を利用するのもいいでしょうが、少なくとも初心者の場合は、失敗することも考えてよりリーズナブルな価格帯のものを活用していくのがおすすめです。

ジェルネイルにはどんな特徴があるの?

af9920061106lジェルネイルとは、「ジェル」といわれる液体を爪に塗り、専用のUVライトで固めるネイルのことをいいます。
ジェルは水飴のようにトロトロした液体でできています。この中には光を当てると固まる成分が入っており、ジェルを塗っては光を当てる(固める)、を繰り返し行い仕上げます。今まで主流だったマニキュアとはちがい、光を当てて固めますので、乾かすという作業がなくなります。しっかり固まりますので、すぐに触っても問題ありません。
では、なぜ最近、ジェルネイルが人気なのでしょうか。
まず、ジェルネイルはとても発色もよく、色がとても綺麗です。見た目もツヤツヤとして綺麗ですし、触るとツルツルで気持ちいいです。また、少しぷっくりした仕上がりになりますので、爪を横から見ても可愛く見えます。ツヤツヤで透明感のある指先が手に入るのが、ジェルネイルの最大の特徴といえます。
そして、マニキュアに比べると、断然長持ちするというのも魅力的な特徴です。だいたい3週間くらいは、綺麗な爪が持続できます。甘皮処理など、きちんと処理をしてからやってもらえば、はがれる心配もありません。本当にしっかり固まっているので、家事をしても全く傷つきません。忙しい主婦の方にもお勧めですよ。

夜寝ている間に簡単にできるハンドケア

なにかとがさがさになりがちな女性の手や指先。普段の家事だけでなく、普通に生活しているだけでも手荒れやがさがさ感は酷くなってしまいがちです。保湿とは言っても手や指先はよく使う部位なので保湿クリームなどもつけにくく、ハンドケアしにくいですよね。指先はどうしても目に入る場所なので綺麗にしておきたいものです。そんな時におすすめなのが夜眠っている間にできるハンドケア。眠る時間を無駄にせずに指先を美しく保つことができます。夜に塗るハンドクリームは普段使いのものよりも保湿力と浸透力に優れたものを使用するようにしましょう。さらりとしたタイプのハンドクリームよりもべたつきがあってもたっぷりと塗ることが大切です。ハンドクリームを塗ったら今度は手のマッサージをしましょう。この時クリームは人肌にあたためることで伸びがよくなります。一本一本指を揉んで、爪の先から指の根元までクリームを伸ばし、血行を良くしましょう。乾燥しやすくささくれの起きやすい甘皮部分は入念にクリームを塗りましょう。眠る時には手袋をはめることでクリームが周りにつくことを防ぐことができ、手の感乾燥予防にもなり保湿性もアップします。絹や綿などの自然素材の手袋なら手がむれることもないのでおすすめです。

スクラブを使ったハンドケアとは?

af9920061096l手元は自分が思っているよりも人に見られています。手は年齢が出やすい場所であり、顔と同様にきちんと手もケアをしてあげないと、すぐにシワシワでガサガサになってしまうので、きちんとハンドケアをして、いつまでも若々しい手でいられると良いです。手がふっくらと艶やかであるために、スクラブによるハンドケアが有効です。洗顔や肘、かかとに使用するスクラブ剤を手の甲にのせます。円を描くように、優しくゆっくりとなでましょう。指、関節、爪の横も忘れずにマッサージします。指と指の間の水かき部分も力を入れず優しくスクラブマッサージをします。それだけで手の角質が剥がれ、皮膚が柔らかくなったはずです。ただ、そのままにしてしまうと更に乾燥してしまうので、まず化粧水をたっぷりと手の甲に染み込ませて保湿します。指先までしっかり浸透したらハンドクリームを塗って保護をします。手は思っている以上に酷使しているので、週1くらいでしっかりハンドケアをすると、しっとりふっくらとした若々しい手でいられます。スクラブ剤がない時には、洗顔料にお塩やお砂糖を混ぜて代用することも出来ます。そんなに時間もかからず簡単に出来るので、一週間の終わりに手をいたわってあげる時間をとるのが理想です。

ハンドクリームと一緒に化粧水を使うと効果的!

乾燥する時期は、手のカサカサや指先のあかぎれなどが気になるものです。そのためハンドクリームを塗ってケアしたり洗い物をするときにゴム手袋を利用して肌荒れを防止している人も多くいます。手はもっとも人目につく部分ですのでお手入れに気を使います。すべすべで潤いのある手でいるためにハンドクリームと化粧水を一緒に使うとより効果を得られます。

まずはクリームの美容成分が肌に浸透させるために、手を温めることができます。クリームを塗る前に両手をこすりあわせたり、手の甲を反対側の手のひらで包み込み温めることで保湿の効果を高めることができます。

顔のスキンケアをするときには、まず化粧水をつけてからその後クリームを塗りますが、手も同様にすることで保湿効果をアップさせることができます。普段使っている化粧水か、ハンドケア用のものを用意してすることもできます。

乾燥を防ぐためにハンドクリームを塗るタイミングも重要で、水に触ってから5分以内に塗ることです。水に触ってから5分以上経過すると乾燥し始めます。日常で水に触る機会は多くありますので、外出時もハンドクリームと化粧水を持ち歩きしっかりとハンドケアをすると潤いのあるスベスベな手を維持できます。

指先をキレイに保つケア方法

af9920061092l指先の動きや美しさは女性らしさを何倍もアップさせてくれます。しかし、どんなに手が美しくても、指の動きが素敵でも、折角のネイルが剥げていたり、ボロボロだと台無しです。毎日ネイルを塗り替えることは難しいので、しっかりとネイルケアをして、常に指先をキレイに保つことが大切です。ネイルの剥げや欠けは、日常生活でどうしても起きてしまいます。家事やキーボードのタイピング、缶ビールをあけるときにも爪に負担をかけてしまいますので、しっかりとケアをすることでネイルを長持ちさせ、キレイに保ちたいです。まずは、ネイルオイルで保湿をすることです。乾燥を防ぎ、爪自体を強くして、折れないようにすることです。また、乾燥によりネイルがはがれやすくなるので、保湿をしっかりすることが大切です。また、水仕事などの家事にはゴム手袋をするようにすること、キーボードを打つ際にも指のはらをつかって打つように気を付けることです。因みに、キーボードにカチカチという爪が当たる音を嫌う方もいるので一石二鳥です。キレイにケアされた指先は自分で見ていても気持ちの良いものです。素敵な女性は指先まで気を遣いますので、しっかりとキレイに保ちたいです。

キレイな爪を育ててくれる食べ物は?

ネイルケアなどを行って爪をキレイにすることは多いと思いますが、同時に体の内側からもケアをしてあげることによって、よりキレイな爪に育てることができます。爪の成長に必要な栄養素はたんぱく質、ミネラル、ビタミンです。これらの食べ物を毎日の食事で積極的に摂っていくことが大切です。まずはたんぱく質ですが、これは肉や魚、卵、大豆などに多く含まれています。動物性のたんぱく質はハリを、植物製のたんぱく質は強度を上げることができます。次にミネラルですが、これは牛乳やチーズなどの乳製品、わかめやひじきなどの海藻類、ブロッコリー、かぼちゃ、レバーなどから摂取することができます。特に、牛乳などに含まれるカルシウムは骨や爪を強くしてくれるので、積極的に摂っていってください。ビタミンはいくつかの種類がありますが、ビタミンA、ビタミンBは卵黄や緑黄色野菜、ビタミンCは果物やトマト、ビタミンDは魚やレバー、ビタミンEはほうれん草やナッツなどから摂取することができます。ミネラルを効率的に吸収するためにはビタミンDが必要なので、できれば一緒に摂取することをおすすめします。爪の主成分はたんぱく質なので、まずはたんぱく質をしっかりと摂っていきましょう。

指先からキレイにオシャレを楽しむコツ

af9920059426lファッションに気を使ったり、ヘアスタイルに気を使ってる人はネイルにもこだわりがある人が多いのではないでしょうか?
指は人に見られることが多い場所ですし、指先をキレイにしているだけで人から好印象を持たれます。

しかしせっかくネイルをしようとしても爪がキレイじゃないと、ネイルが上手く塗れません。
爪の健康には体調が大きく関わっていて、縦にラインが入るときには胃腸のトラブル、割れやすくなったり剥がれやすくなっているときには栄養バランスが悪いなど、体調の変化が現れやすいです。爪に異変が現れたときには体調不良を治すといいです。

ハンドクリームを指先までしっかりマッサージするように塗ると指先の保湿にもなりますし、爪の健康にもいいです。
またネイル用のオイルや美容液を持っているなら使用してマッサージするといいでしょう、ネイルオイルや美容液には爪の乾燥を防いで、爪を強くしてくれる効果もあります。ほとんどのものがネイルをしている状態でも使えるので便利です、ひとつ持っておくことをおすすめします。

今では100円ショップやプチプラコスメなどでもかわいいネイルカラーが売っているので、セルフネイルを楽しんでもいいですし、ネイルサロンなどに行くなどでステキなネイルを楽しむために、キレイな指先を保って下さい。